最近の思い出でした。パパから肺に面影があるって

最近の思い出でした。
パパから肺に面影があるってテレフォンがあり、その時はパパが動揺していました。私も沈着ながらも、よく病など終わる夫でしたので、電話を切ってからちょっぴり心配になりました。

事後、精緻診査があるとの事で肺の細胞を採取して診査結果が出るまで10日近く待ち受けました。

かかりつけのドクターは、概して肺ガンであると確信していたようで、弊社家族も先々の宿命方法を立てようかと議論もしました。

精緻診査中にパパが謎の肺炎に掛かり、退院が繰り延べになりました。そうして、わたしはドクターから「おとうさんの病は、結核かもしれない」と言われました。最近の結核は、お薬で直せるので少々確かしました。事後、パパの状態も回復し退院できました。

そうして、肝心な精緻診査の結果を訊く日がきました。

病名は、肺マック性

人から人物へ移らない、非結核性

弊社家族もはじめて訊く病に唖然としました。
ドクターいわく、「我々も半ば肺ガンとしてました」と言っていて肺ガンでなくて良かったといった確かしました。

こういう肺マック性という病
どんな病なのかと言うと、昨今急激に増えた病らしきのです。
殊更女性に多い病らしく、順序は緩やかなのに対して治癒が難しい、治癒には年間?2年お薬を10様々近く呑み続けなくてはいけません。
名古屋で出来る医療脱毛

病になる原因はミステリー
ただ一環知る態度、それは「土地や水」
とにかく水仕事をする皆さんになるらしきのです。

マックバクテリアというバクテリアが肺に入ってしまうと
肺マック性になります。

私も水仕事はデイリー決めるし、いつかかってもおかしくない病だ。

肺マック性にかからない為には、シャワーなどのハンドルを水中に漬けて洗浄するとマックバクテリアが飛び散らないって分かりました。

絶えず並べる水がちょこっと恐ろしくなった
そういう過去でした。