私の強みは、温冷浴で冷え性を解消したこと

私の強みは、温冷浴で冷え性を解消したことです。

温冷浴は、お湯といった冷水を交互に入浴するイベント済む、新陳代謝浴とも呼ばれていらっしゃる。
皆は冷水に入浴することは苦痛であるはずです。私も若い頃は冷水に入ることが苦痛で、水の入った浴槽に歩きを浸けただけで苦悶の顔付きを浮かべていました。

ところでこちらは年齢を重ねるにつれて、冷え性に考え込むようになります。
30年齢を過ぎると、靴下を履いて寝床に入るほどに冷え性に苦しめられました。
そんな時にサンプラザ中野さんの著書「簡素・健幸要覧」で温冷浴を知りました。
中野さんは著書で「冷水に入浴するという心臓マヒを起こすなどとよく耳にするが、それは誤認であり、心臓に乱調があるそれぞれ以上ならば心配は短い」という趣旨のおしゃべりをされており、乱調がないそれぞれならば温冷浴をやるであると熱心に勧めていました。
中野さんが熱心にうったえる温冷浴ですが、冷え性を改善する効果もあります。
そこで冷え性に考え込むこちらは温冷浴にチャレンジしました。
にんにくサプリランキング【にんにく・卵黄・黒酢の栄養と効果】

だがついに温冷浴にチャレンジした時は、冷水に浸かることができませんでした。ただ心臓に乱調がないので「心臓マヒを起こす心配も弱い」という胴をくくり、二度目の取り組みで成功しました。
そうして驚くことに効果は一気に表れ、冷え性は見直し、今では真冬も靴下を履かずに安眠することができていらっしゃる。

「冷水がきつくて温冷浴などできない。」
「心臓マヒを起こす危険性があるから怖くてできない。」
との理由で温冷浴を控えるほうが多いですが、こちらは冷水の憂慮を乗り越えて冷え性の憂慮を解消したのです。